キャッシング 金融事故とは

お役立ちキャッシング

> キャッシングの金融事故とは長期延滞と債務整理

キャッシングの金融事故とは長期延滞と債務整理

キャッシングにおける金融事故とは3ヵ月以上にわたる延滞記録と、
過去に契約解除となったケース、あるいは債務整理をした方です。

金融会社個々の延滞も1日単位であっても信用情報機関に報告しています。
返済履歴で利用状況も分かるようになっていますが、
共有の信用情報では3ヵ月以上の延滞が基本になっています。

ここでチェックしておきたい点は金融会社個々の延滞基準と、
信用情報機関の基準が異なる点です。

利息分のみの返済で記録されないケース

仮に返済金額相当の額でなくても、利息分だけ支払うと
信用情報機関では払う意思があるとして延滞記録とはならないのです。
この点の違いから金融事故とは長期にわたる返済不能状態が続き、
信用情報機関にも登録されるほどのケースだとみることができます。

また、キャッシングには銀行や信販会社のクレジットカードの利用分がありますが、
この金融事故についても相互に交流するネットワークにてチェックされています。

債務整理については信用情報機関によって扱いが違う

消費者金融によるキャッシングの事故は
銀行や信販会社でも情報が共有され、結果、利用に制限が掛かることになります。
しかし、債務整理に関しては銀行・信販会社が活用する
信用情報機関によって取り扱いの差があります。

ゆえに信用情報機関をどのように活用しているかで、
同じ債務整理でも見えない事故になることがあるのです。
最近の傾向としては銀行や消費者金融の連携が進む中で
事故の情報の共有化は進んでいますが、取り扱いの期間に若干のタイムラグがあります。

債務整理した方が次に新規のキャッシングの利用をしようとする際に、
5年から7年と制限期間に幅があるのはそのためです。