低金利ローン

お役立ちキャッシング

> 低金利ローンで利払いを小さくする

低金利ローンで利払いを小さくする

低金利ローンで借り入れをすれば利払いの負担を小さくする事ができますから、
現在の契約が高金利だと感じている人なら、
低金利ローンを利用するのも良い方法だと言えるでしょう。

金利体系は金融機関により様々ですから、それぞれの金融機関で
どのようにして金利を決定しているのかを把握しておく必要はあります。

例えば、大手銀行の場合には借入限度額に応じて金利が決まる
というスタイルをとっていることが多いです。
借入限度額が大きくなれば金利が低くなると言うものです。

必ずしも低金利ではない銀行

銀行のローンは低金利ローンだと言われることも多いのですが、
これは必ずしもそうではありません。
借入限度額が小さい場合には、消費者金融並みの金利が設定されることもあるのです。
どうすれば低金利で契約ができるのかを考える事は必要ですが、
この場合には個別の金融機関ごとに検討しなければならないのです。

もちろんですが、誰でも低金利ローンを利用することができるわけではありません。
金融機関にとって金利は貸し付けを行うための手数料という意味と、
リスクプレミアムという意味があります。

大手のほうが低金利

経営がスリムな金融機関であれば金利を抑えることができ、
低金利ローンを提供できる可能性が高くなります。大手のほうが金利が低い傾向があるのは、
大手のほうが規模のメリットによって効率化を図ることができるからです。

リスクプレミアムという意味もありますから、貸し倒れリスクが高くなると
金利が高くなると言う傾向はあります。貸し倒れリスクが高くなると言うことは、
つまり契約者の返済可能性が低くなると言うことです。
返済可能性が高いことを金融機関に示すことができないと、
低金利ローンのサービスを提供してくれることはないと考えておきましょう。

過去に滞納したことがないということや、あるいは収入が安定している事などを
金融機関に対して提示することができれば、低金利ローンを利用できる可能性は高くなります。
そのためには審査書類の提出が必要となるのです。